借地権付き物件のメリット

借地権付き物件を購入するメリットとしてまず挙げられるのが、土地代が不要になることによって格安に抑えられるコストです。土地の購入費用が不要になることで、負担額はかなり抑えられることになりますので、一千万円単位で費用を抑えた上で建物の購入が可能となり、この金額的な優位性が最大のメリットと言えます。借地権付きの物件を購入する代わりに、建物の方にお金をかけ、少し広めの建物を購入することも可能ですし、浮いたお金の分、建物をリフォームすることだってできてしまいます。立地条件の良い場所を選ぶことも可能などなど、借地権付きの物件はさまざまな金銭的なメリットがあるのです。

この他には、土地を所有するわけではありませんので、土地に対して固定資産税が発生しないのはメリットと言えます。取得しているのはあくまで建物だけ、つまり固定資産税も建物に対してのみ発生することになります。しかし、他人から土地を借りていることには変わりありませんので、月々の地代を支払う必要が出てくる可能性があり、これはデメリットと言えるかもしれません。住宅に必要としている立地条件や金額的な条件について悩んでいる方は、借地権付きの物件の購入を検討してみてはいかがでしょうか。