借地権と借地借家法

借地借家法は、借地権の存続期間や効力に関して優先されることになる法律です。施行されたのは1992年ですが、それ以前からある物件については旧法である借地法が適用されることになります。新法と旧法では、借地権の存続期間が違ったり、借地権更新後の存続期間が異なったり、建物が老廃した時における違いがあります。それぞれの違いを見ていきましょう。

まずは借地権の存続期間の違いについてですが、新法ではどの建物でも一律で30年となりますが、旧法では建物の種類によって期間が違ってきます。旧法における借地権では、堅固な建物(レンガ造りや鉄筋コンクリート造り)の場合は30年、そうでない建物は20年という期間になります。次に更新後の存続期間についてですが、新法では1度目の更新で20年の延長、2度目以降の更新では10年の延長ということになります。これに対して旧法の場合は、堅固な建物が30年の延長、非堅固な建物が20年という期間になります。借地借家法は、借りた土地に家を建てるというケースにて必要となる借地権の具体的な内容を規定するための法律で、これによって建物の所有者の権利が守られることになりますので、借地権付きの物件を購入する際には法律の勉強もしておく必要がありそうです。