作者別: admin

借地権付き物件のメリット

借地権付き物件を購入するメリットとしてまず挙げられるのが、土地代が不要になることによって格安に抑えられるコストです。土地の購入費用が不要になることで、負担額はかなり抑えられることになりますので、一千万円単位で費用を抑えた上で建物の購入が可能となり、この金額的な優位性が最大のメリットと言えます。借地権付きの物件を購入する代わりに、建物の方にお金をかけ、少し広めの建物を購入することも可能ですし、浮いたお金の分、建物をリフォームすることだってできてしまいます。立地条件の良い場所を選ぶことも可能などなど、借地権付きの物件はさまざまな金銭的なメリットがあるのです。

この他には、土地を所有するわけではありませんので、土地に対して固定資産税が発生しないのはメリットと言えます。取得しているのはあくまで建物だけ、つまり固定資産税も建物に対してのみ発生することになります。しかし、他人から土地を借りていることには変わりありませんので、月々の地代を支払う必要が出てくる可能性があり、これはデメリットと言えるかもしれません。住宅に必要としている立地条件や金額的な条件について悩んでいる方は、借地権付きの物件の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

借地権と借地借家法

借地借家法は、借地権の存続期間や効力に関して優先されることになる法律です。施行されたのは1992年ですが、それ以前からある物件については旧法である借地法が適用されることになります。新法と旧法では、借地権の存続期間が違ったり、借地権更新後の存続期間が異なったり、建物が老廃した時における違いがあります。それぞれの違いを見ていきましょう。

まずは借地権の存続期間の違いについてですが、新法ではどの建物でも一律で30年となりますが、旧法では建物の種類によって期間が違ってきます。旧法における借地権では、堅固な建物(レンガ造りや鉄筋コンクリート造り)の場合は30年、そうでない建物は20年という期間になります。次に更新後の存続期間についてですが、新法では1度目の更新で20年の延長、2度目以降の更新では10年の延長ということになります。これに対して旧法の場合は、堅固な建物が30年の延長、非堅固な建物が20年という期間になります。借地借家法は、借りた土地に家を建てるというケースにて必要となる借地権の具体的な内容を規定するための法律で、これによって建物の所有者の権利が守られることになりますので、借地権付きの物件を購入する際には法律の勉強もしておく必要がありそうです。

借地権って何?

一戸建て住宅などの物件を中古で購入しようと考えて、不動産会社へと赴いて物件情報を閲覧していると、さまざまな格安物件とも出会うことになると思われますが、あまりに安い物件にはやはり事情があるというもので、特に多いのが「借地権」が付いている物件というケースです。この借地権、どのようなものなのでしょうか。

借地権とは、簡単に言うなら、借りた土地に建物を建てられる権利を意味します。新築一戸建ての住宅を購入する場合には、土地を購入して、その上に建物を購入して建てる、ということになります。このように一般的には土地と建物をセットで購入、所有するのが一般的ですが、実は少し変わった方法でも建物は建てることが可能です。それが土地を借りて、その上に建物を建てるという方法で、この方法の場合には土地を借りているわけですので、土地の権利者に建物を建てるための許可を受ける必要があり、この時認められるのが「借地権」という権利になります。一言にまとめると、土地を借りてそこに自分の資産である建物を建てられる権利が借地権となります。借地権付きの物件、つまり土地は誰かのもので建物のみを購入するというケースになれば、土地を購入するための費用が浮くわけですので、つまり格安な物件になるわけですね。しかしながら、借地権には様々なメリットやデメリットが考えられますので、購入の際には慎重に検討しなければなりません。当サイトでは借地権とそれに関わる法律「借地借家法」について解説していきます。