借地権って何?

一戸建て住宅などの物件を中古で購入しようと考えて、不動産会社へと赴いて物件情報を閲覧していると、さまざまな格安物件とも出会うことになると思われますが、あまりに安い物件にはやはり事情があるというもので、特に多いのが「借地権」が付いている物件というケースです。この借地権、どのようなものなのでしょうか。

借地権とは、簡単に言うなら、借りた土地に建物を建てられる権利を意味します。新築一戸建ての住宅を購入する場合には、土地を購入して、その上に建物を購入して建てる、ということになります。このように一般的には土地と建物をセットで購入、所有するのが一般的ですが、実は少し変わった方法でも建物は建てることが可能です。それが土地を借りて、その上に建物を建てるという方法で、この方法の場合には土地を借りているわけですので、土地の権利者に建物を建てるための許可を受ける必要があり、この時認められるのが「借地権」という権利になります。一言にまとめると、土地を借りてそこに自分の資産である建物を建てられる権利が借地権となります。借地権付きの物件、つまり土地は誰かのもので建物のみを購入するというケースになれば、土地を購入するための費用が浮くわけですので、つまり格安な物件になるわけですね。しかしながら、借地権には様々なメリットやデメリットが考えられますので、購入の際には慎重に検討しなければなりません。当サイトでは借地権とそれに関わる法律「借地借家法」について解説していきます。